「鑑定しが」 令和元年号 創刊

2019/06/18

公益社団法人滋賀県不動産鑑定士協会では「鑑定しが」を創刊しました。

私たち不動産鑑定士は不動産の評価を行う唯一の国家資格者です。不動産の評価を通じて、常日頃から滋賀県内の土地建物や地域の盛衰を見て回っています。また、行政の審議会や委員会、各種団体の役員・委員等の公的な役職を拝命して、不動産の専門家としての知見を役立たせて頂いております。

 滋賀県不動産鑑定士協会は、県内鑑定士をまとめる機関として、国県市町と個々の不動産鑑定士をつなぐ役割を担っております。公益社団として、県民向けの無料相談会や各種研修会の開催を行っています。土地月間県民フォーラムは今年で10回目を迎えます。滋賀県不動産市況DIはこの春23回目の公表を行いました。

 会員数43名の団体ですが、さまざまな活動を行っています。そんな私たちの姿を、広く世の中に知って頂きたく、「令和」を期に会報誌「鑑定しが」を発刊することに致しました。

「鑑定しが」世の中のお役に立てましたら何よりです。

デジタルブック>>[

]