HOME > 新着情報一覧 > 滋賀大学と滋賀県不動産鑑定士協会との間で寄付講座に関する覚書を調印

滋賀大学と滋賀県不動産鑑定士協会との間で寄付講座に関する覚書を調印

「不動産学」に関する寄付講座開設」

~滋賀大学と滋賀県不動産鑑定士協会が覚書を締結~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国立大学法人滋賀大学と公益社団法人滋賀県不動産鑑定士協会は、「不動産学」に関する寄付講座(提供講座)の開設に合意し、平成30年3月2日(金)11:00~滋賀県庁で調印式と記者発表を行いました。

 

 同講座は、経済学部のファイナンス市場特殊講義に、県不動産鑑定士協会の会員不動産鑑定士を派遣する形で実施します。テーマは「不動産鑑定士による不動産学入門編」で、不動産のイロハから、不動産市場における価格形成理論や、不動産鑑定評価の実務まで幅広い内容を一コマずつ15人の講師がリレー形式で講義を行います。都道府県の鑑定士協会が国立大学で寄付講座を開講するのは全国で初めてのことです。

 

 【講座名】 不動産鑑定士による不動産学入門編

 【開講時期】 2018年度春学期 4月12日(木)~7月19日(木)、7月14日(土) 全15回各90分

 

滋賀大学ホームページでもご紹介いただきました。

https://www.econ.shiga-u.ac.jp/topics/tyouin20180302.html